大学受験予備校の四谷学院の魅力と注意点とは何か

テキストは自分で進めていくというのも特徴

予備校【公式】河合塾提携校 金沢駅西予備校・富山予備校

しかもテストは採点や添削をしてもらって、個別で解説も受けられるので安心です。
他にもテキストは自分で進めていくというのも特徴です。
基本的にテキストは自分で勉強し、しっかりと身についているかをテストで確認し、解けるまで繰り返します。
その為ただ授業を聞いて、出来た気になっているような大手予備校とは違い、実力がなければ当然先へと進む事が出来ません。
こうしたスタイルによって、勉強の自主性も身につき実力も伴っていきます。
それからプロの担任制度があるというのも大きな魅力の1つです。
たとえ志望大学が同じであっても、スタート時の学力差によって、生徒の合格への道はそれぞれ異なります。
そこで四谷学院では、プロの担任が一人一人の合格への道を個別にサポートしてくれます。
具体的には、過去の志望大学合格者のデータを詳しく分析しながら、どうやって55段階を進めていくかや、この時期に何を学習すべきか等を細かくアドバイスしてくれるので安心です。
その為生徒は他の余計な情報に振り回される事なく、目の前にある課題に集中して取り組む事が可能です。
ここまで四谷学院の特徴や魅力を見てきましたが、その一方で注意点もいくつかあります。
せっかく通っているのに中々成績が伸びなくて悩んでいるという人もいる為、その理由は何かを詳しく見ていきましょう。

[数的の勉強]
文系で数的処理が壊滅的に苦手でした。


某予備校の数的の問題演習でも常に3/15点とかでした。


逃げるのではなく、とにかく簡単な問題を落とさないように毎日問題集の必須問題を何回も繰り返しときました。


結果、足は引っ張るが、なんとかなりました。


毎日解くことが1番大切です。

— 公務員試験合格応援アカウント (@fn1SsndVZPp3nty) 2019年11月23日

大学受験予備校の四谷学院の魅力は何かテキストは自分で進めていくというのも特徴テストの丸付けの待ち時間が長いというのもデメリットの1つ